Search
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
バックナンバー
プロフィール
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
沖縄 古布を訪ねて
喜如嘉の芭蕉布

糸芭蕉の繊維を糸にして織った織物。麻より軽く、堅く張りがあってさらりとして通気性に優れている。
苧布とともに古くから織られていたとされ、身分には関係なく普段着として親しまれていた。当初、無地とか縞や格子柄が一般的だったが、明治期に絣柄が主流になった。

JALプライベートリゾート オクマ(沖縄・奥間) プライベートビーチで極上の休日

首里織

首里で織られた織物で、首里絣、首里ミンサー、首里花織、道屯(ろーとん)織、花倉(はなくら)織等がある。中でも王家や士族に愛され着用が許された花倉織、道屯織を紹介したい。
首里花倉織は王家の王妃、王女が着た夏用の衣で、大変格式の高い織物。
道屯織は平織地の中に部分的に糸の密度を濃くする、経糸を浮かせて織られる両面使用の紋織り。昔は宮廷の衣装や王府の官衣として使用された。

ザ・ブセナテラス(沖縄・名護) 各国首脳が宿泊した高級感あふれるホテル

八重山上布

年に数回取れる苧麻(ちょま)を紡いだ糸を原料に織られる麻織物です。かつては日本国内で知られていた「薩摩白上布」と呼ばれていた。
巻いた経糸に重りをつけ、経糸の張りが一定になるように工夫された八重山地方独特の高機(たかはた)で織っていく。染色は石垣地方を北限とする紅露(クール)で糸を染める。仕上がった布を太陽にさらし、赤茶色を赤褐色に落ち着かせ、色落ちをしないよう工夫し、最後は5時間、海にさらす。

二期リゾート B&B KABIRA(沖縄・石垣島) 川平湾を眺めるハイクラスの隠れ家

by: 管理人 | おすすめ - 旅 | 16:59 | comments(1) | trackbacks(0)
来週 沖縄に行きます。 それで、相談なのですが 沖縄の『古布』を探しています。 買いやすい価格で販売している所があれば教えて下さい。 レンタカーを借りるので 場所はどこでも大丈夫です。(本島に限りますが)宜しくお願いいたします。
| まーちゃん | 2007/04/06 3:36 PM |









この記事のトラックバックURL
http://kogire.jugem.jp/trackback/125
トラックバック
Clicky Web Analytics